千葉県で葬儀をする場合、葬儀場にはどのような種類がある?

千葉県で葬儀を行う場合、葬儀場にどういった種類があるのか知っておくことによってスムーズに手続きを進めることができます。

ここからは一般的に利用されている葬儀場、近年利用されるようになってきた葬儀場について説明していきます。

■千葉県で一般的に利用されている葬儀場は?■

千葉県で一般的に利用されている葬儀場として「公営斎場」「民営斎場」「寺院斎場」が挙げられます。

公営斎場については市区町村で運営されている葬儀場になり、費用が安く抑えられるという点がメリットになります。

デメリットとしては利用希望者が多いため、予約するのが非常に難しいという点があります。

民営斎場は民間の葬儀場になり、公営斎場に比べると予約が容易でアクセスがいい場所にあることが多いというメリットがあります。

また、自由度もかなり高いと言えます。

ただ、やはり公営斎場よりは料金が高くなってしまう場合が多いです。

寺院斎場は菩提寺にある葬儀場で安心して利用することが可能です。

■千葉県で近年利用されるようになった葬儀場は?■

近年利用されるようになったのは「ホテルでの葬儀」になります。

ホテルに遺体の安置はできないので、遺骨や遺影を持ってお別れ会のような形式で葬儀を執り行います。

ホテルなのでサービスが行き届いている場合が多く、交通の便もいいため徐々に利用者数を伸ばしてきている形式になります。

葬儀を行う場合には様々な葬儀場があり、用途に応じて選んでいくことが可能です。

まずは「予算」「宗派」「参加人数」などの観点から検討してみることをおすすめします。