千葉県での葬儀で遺骨はどのように扱えばいい?

千葉県で葬儀をした後に遺骨をどのように保管したらいいのでしょうか?

自宅に保管したままでいいのかどうか悩んでいる人も少なくないと思います。

そこでここからは、千葉県で葬儀をした後の遺骨の正しい扱い方について説明していきます。

■遺骨の定義と遺灰との違いとは?■

遺骨とは故人の骨ということは多くの人が知っていると思いますが、厳密にいうと火葬してその後に残った骨のことを遺骨と言います。

そしてその遺骨を家族で骨壺に移す作業を「骨揚げ」と呼んでいます。

ここで遺骨と遺灰はどのように違うのか分からなくなってしまう人も少なくないと思いますが、遺骨は「形が残っているもの」、遺灰は「遺骨を灰状にしたもの」と考えておけば問題ありません。

近年は千葉県で火葬をした後で「遺骨を粉骨して遺灰にしてほしい」と望む遺族も多いようです。

■千葉県で葬儀をした後の一般的な遺骨の取り扱いについて解説■

遺骨を埋葬する方法や供養する方法が分からないという人も多いと思います。

基本的には遺骨の供養方法は3つあり、「納骨」「自然葬」「自宅供養」があります。

その中で最も知られているのが「納骨」で、都道府県に認知された墓に遺骨を納めることを指します。

「自然葬」ですが、これは遺骨を海などにまいて供養する方法や、山林などにまく方法などがあります。

そして「自宅供養」は遺骨を自宅に置いて供養するというものになります。

遺骨の埋葬方法には様々なものがありますが、生前の故人の希望などを聞いておくことによってスムーズに決めることができます。